2013年05月27日

タイタンビカスの芽が出た

image/2013-05-27T13:10:27-1.jpg


今年もタイタンビカスの芽が出てきました。

タイタンビカスは背丈が2mを越え、夏らしい鮮やかな大輪の花を咲かせます。

本来は、暖かい場所で育つ植物なので、東北地方では冬場には鉢上げするか、雪囲いのような対処をしなければならないようですが、うちのタイタンビカスは完全に順応してしまい、初年度以降はほったらかしでも毎年2mの背丈に成長し、鮮やかなショッキングピンクの花を沢山咲かせます。

本来育ちにくい環境で、厳しい冬の寒さに耐えながらも、毎年芽を出して育っていくという、とても力強さを感じる植物です。


タイタンビカスの芽が出ると、『そろそろ暖かくなってくるころかな…』なんてワクワクさせる季節の風物詩です。
posted by ルーシー at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。