2013年05月22日

話すことから

前回の続きですが、『話すこと』から始めてみようと閃いて、開講式が終了して皆さんが『さて いよいよルーシーダットンが始まるぞ』という雰囲気の中

『ちょっと待った!!』
という感じで、その雰囲気に割って入る私。


『今回は昨年度と違って、まずは話すことから始めます。もしかすると今日は教室の半分の時間を使って話しをするかもしれません』

この発言に皆さん『キョトン』である。

『こいつは何を言ってんだ??』という皆さんの視線をガンガン浴びながらも、私は話しを続けた。


『まずは、皆さんが「なぜタイ式ヨガ教室なるものを受講しようと思ったのか」を聞かせて下さい。それから、この教室に何を期待しているか教えて下さい』と切り出した。

またまた皆さん『キョトン』である。


このような質問や対話などは、今迄どの教室でもやったことは無かった。

だから、指導する側もされる側も、何となく『すれ違い』があったり、一体感が薄れる場合も多かった。


まずは、この改革から始めようと思ったのだ。

だから、いくら皆さんが私の宣言に『キョトン』としようが、『何だか面倒くさいこと言い出したなぁ…』と思われようが、そんなことは知ったこっちゃないのです。

ルーシーがルールですから。


まず、なぜに受講の理由を聴くのか??

それは『意識付け』の為である。

皆さん必ず自分の意思で、理想(理由)があって受講したはずなのだ。

しかし、その意識が意思がハッキリしないと途中から『やらされている感』が出てくる。
そうなると、形だけの『やってるふり』になり、最終的に目的が無くなり、面倒くさくなり、やめてしまう。
もしくは、『とりあえず出席する』という結果に。


それを無くす為に、あえて皆さんの前でハッキリと受講理由を述べることで、責任感が出てくる。

『みんなの前で言った手前、しっかりやらなきゃ』という意識付けになる。

そして、私も皆さんの言葉からいろんなヒントを得る。
何が必要で何が必要で無いのか。


この自己紹介が、結果的に『面白い方向』に向かって行くことになるのです。

当分の間のブログは、この『新地町公民館教室初日の出来事』の内容になるかもしれないなぁ。

それだけ私にとって面白い出来事でした。

真面目な文章になるので、多分つまらないです。

先に言っておきます。

完全に自己満足シリーズです。
posted by ルーシー at 23:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
習う側にとって講師の先生に自分を知ってもらうことは安心感にも励みにもなります。
ルーシー先生のたのしい話を聞くことが目的になる方もいらっしゃるだろうな♪( ´▽`)
Posted by こゆき at 2013年05月23日 22:57
こゆきさんのおっしゃる通り、お互いを知ることって安心に繋がりますよね。
今迄、自分が頭でっかちで型にはまっていたのがよく分かりましたよ。
Posted by ルーシー at 2013年05月24日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。