2013年05月13日

ルーシーダットン まず始めに

ルーシーダットンとは??


ルーシーダットンは、タイ式ヨガともいわれているストレッチ体操です。

いわゆる一般的なインド式のヨガと違い、難しい教義や宗教性などは無く、修行などの意味合いよりも、日常の『健康体操』に近い存在です。


タイ語で「ルーシー」は『仙人、修行僧』 「ダッ」は『のばす、ひねる』 「トン」は『ひとり』という意味で、『仙人のセルフストレッチ』などとも呼ばれています。


元々は仙人・修行僧が瞑想修行での体の疲れやコリを取るために行っていたストレッチ体操が起源だと伝えられています。


そのストレッチ体操を約200年前に、当時のタイの王様や仙人達が中心となり、現在のルーシーダットンの原型が出来ました。


その後、インドのヨガなどと混じり合い、さらにタイ式マッサージの総本山である『ワット・ポー タイ伝統医学学校』の先生の手により、一般国民の健康維持の為に改良され現在の形になりました。

ルーシーダットンは、ひとつのポーズの中に体をのばしたり、ひねったりと複数の動きがミックスされており、ストレッチ・筋力アップ・身体のゆがみ矯正などを同時に行えるようになっています。

そのような事から、『自分で行うタイ式マッサージ』や『自分で行う整体術』などの意味があるといわれています。


ちなみに、私のニックネームである『ルーシー』は、ルーシーダットンから来ています(この話も何度もしていますが、今でも質問されること多数)。

ただ、私の場合 自ら『私はルーシーです!!』と名乗り始めた訳では無く、初期の頃に教室に通っていた方々から『ルーシー先生』と呼ばれたのが、どんどん広がって行った訳です。

ちなみに、私が『仙人・修行僧』という意味では決してありませんので。

『ルーシーダットンの先生』と呼ぶのが面倒なので、『ルーシー先生』となったまでです。
その後、(『先生』をつけるのもバカらしい!!と思ったかどうか定かでは無いが…)『先生』さえも外れて、『ルーシー』と呼ばれるようになったのです。


私の不徳の致すところか、お土地柄か分かりませんが、この地では、ルーシーダットンを軽く見られがちですが、ハッキリ言って非常に『レア』です!!

なかなかお目にかかる機会、体験する機会は無いと思います。

そこが、いつももどかしい。。。

わっかるかなぁ〜
わっかんねぇだろうなぁ…
posted by ルーシー at 15:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改めて伝えよう

今改めて、『ルーシーダットン』というものを伝えていこうと思うのだ。


どの教室でも、一番最初に『ルーシーダットンについて』という話をするのですが、一番最初に聞いた話などは、最初の緊張や、必要の無い話だと思って、忘れてしまう傾向がある。


散々ルーシーダットンをやって、数ヵ月後に
『ルーシーダットンって、どういう意味ですか?』
とか
『普通のヨガと、どこが違うんですか?』
などの質問が結構出てくるもんです。


これらのことは、必ず一番最初に説明しているはずなのですが、先程上げたような理由から、全く覚えていないということになるのだ。


人間なんてものは忘れやすいものです。

興味があっても、忘れる時は忘れるのです。

だったら、定期的にコツコツと説明すれば、いつかは覚えてもらえるだろう。

全てを覚えなくとも、雰囲気だけでも記憶してもらえれば…という願いと、今回のブログ記事で、初めて『ルーシーダットン』とは何ぞや??ということを知る方もいらっしゃるでしょうから、改めてと 初めまして の意味から、ルーシーダットンについての内容でブログ記事にしようと思っております。


既にルーシーダットンを体験された方は改めて、おさらいという意味もありますし、まだ未体験で、『ルーシーダットンって何??』という方には、興味の入り口になるかもしれません。


経験者の方で、『ルーシーダットンの説明は全部覚えてるし、いまさら聞かなくてもいいよ!』という方にも、今まで話していない内容や、私個人のルーシーダットンにまつわる話なども記事にしようと思ってますので、新たな発見もあるかもしれませんよ!!


これからは、『現在進行形のルーシーダットン』だけでは無い内容も取り上げていこうと思います。


これで、ルーシーダットンに対して今まで以上に興味を持ったり、未体験だけど興味がわいたり、改めて面白いなぁ など思って頂ければ嬉しい限りです。
posted by ルーシー at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。