2013年05月27日

タイタンビカスの芽が出た

image/2013-05-27T13:10:27-1.jpg


今年もタイタンビカスの芽が出てきました。

タイタンビカスは背丈が2mを越え、夏らしい鮮やかな大輪の花を咲かせます。

本来は、暖かい場所で育つ植物なので、東北地方では冬場には鉢上げするか、雪囲いのような対処をしなければならないようですが、うちのタイタンビカスは完全に順応してしまい、初年度以降はほったらかしでも毎年2mの背丈に成長し、鮮やかなショッキングピンクの花を沢山咲かせます。

本来育ちにくい環境で、厳しい冬の寒さに耐えながらも、毎年芽を出して育っていくという、とても力強さを感じる植物です。


タイタンビカスの芽が出ると、『そろそろ暖かくなってくるころかな…』なんてワクワクさせる季節の風物詩です。
posted by ルーシー at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンカーテンの準備

image/2013-05-27T12:59:08-1.jpg


治療室の縁側から見える『私専用の庭』と隣の庭を仕切るために、グリーンカーテンの準備。

支柱を立て、ネットを張り、時計草を植えました。

時計草の育つスピードが分からないので、一応 育ちが早いウリも一緒に植えることに。

このグリーンカーテンが完成すれば、縁側からは緑に囲まれた空間が見えることに。

私の考える『アジアのどこかの田舎』っぽい空間になるはず。

この空間にいれば、なごめる 癒される 元気が出る。
そんな感じにしたいものです。
posted by ルーシー at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島とうがらし

image/2013-05-27T12:47:46-1.jpg


今年、最も期待しているのが 島とうがらし。

一時期、とうがらしが流行ったのか、市内のホームセンターなどでも、いろんな種類の苗を扱っていたのだが、震災以降はオーソドックスな種類しか見なくなった。


一時期、タカノツメ タイトウガラシ チェリーボンプ ハバネロ 韓国トウガラシ など、一度に数種類栽培したのだが、さすがに消費が追い付かない。


今年は、タイ料理に使う分だけ最低限必要な二株を植えた。

本当は、タイのものが良いのだが、この辺りでは見つからない。

そこで、代用の島とうがらしになったわけです。

かなり辛いです。

しかし、その辛味がクセになります。


これで大体のタイ料理の準備が整いました。
posted by ルーシー at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。