2012年12月31日

年末らしく

今年も残すところあとわずか。

一応、そんな世間一般的なことを言ってみる。

相変わらず年末年始と普段の生活に何ら変化の無い私は、今日も毎日の中の一日。

しかし、明らかに違うのは、去年の今日と今年の今では全く気持ちが違っている。

昨年は震災もあり、普段以上に年末やら正月やらの雰囲気が無かった。

昨年の今頃のブログを読み返してみると、よく分かる。

震災の気持ちの整理もつかずに迎える正月。

色んなことに意味を見いだせずに、ただ坦々と過ぎていった一年。

その時から比べると、今年の年末年始は、先を見据えて迎えられる気持ちになっている。

今年も一年間フルに使って、自分がやるべきこと、やりたいことをやった。

とにかく、やりきった。

そして、生ききった。


色んな方々、色んな出来事、色んな出逢いに感謝。

今年の前半は、復興や支援などを目的にチームで動き、中盤はチームを離れ、個人対個人 個人対団体という形での協力やお手伝いなどの活動をし、終盤は今年一年の『まとめ』の作業とも言うべき、『終了するもの』『継続させるもの』などの総括。
そして、新たに『始めるもの』の準備。


2012年は、とにかく『動く年』だった。

いろいろ試すことも出来た。
出逢いや別れもあった。

良いことばかりでは無く、気持ちの浮き沈みや、怒りや、憤りや、虚しさや、諦めや、そんなネガティブなことも本当に沢山あった。

それも、時間が経過するごとに段々と少なくなっていった。

去年と今年と数時間後に迎える新年。

何ら変わらないことと、年が変わることを目処に意識的に『変えること』の両方をバランス良く配分する。

今年で『終わらせよう』と思ったことは、キッパリと終わりに。
それは、実際の活動も自分自身の意識も、そして考え方も。

そして、継続させていくこと(活動然り、意識然り、そして生き方然り)は、キッチリと続けて。


また、新たに始めることに関しては、明らかに次のステージになるはず。

形として、見せ方として、出し方として、来年はもっと変化をつけていきたい。

『本当にやりたかったこと』『本当にやりたいこと』を形にする年、2013年。

これから未来へ向けての再出発の第一歩と考えたい2013年。

2012年も終わり。

皆さんに感謝。

そして、生きとし生けるものに感謝。

One Love One Heart

合掌
posted by ルーシー at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

本気(マジ)カフェ 後編

ニカラグアのコーヒー豆を楽しんで頂き、次に用意したのが、グアテマラの『サンタカタリーナ農園』。

毎年高品質のコーヒー豆を生産している、コーヒー好きの間では御存知も御存知のグアテマラを代表する農園。

ちなみに、私がスペシャルティコーヒーにハマる切っ掛けになったのも、『サンタカタリーナ農園』のコーヒー豆。

香り、酸味、コクのバランスが絶妙。

お茶請けなどは無しで、コーヒーだけで楽しみたいコーヒー。

さてさて、ドリップをして、まずは私が味のチェック。

華やかだ。
実に華やか。

しかし、明らかにニカラグアに比べてスッキリである。

ニカラグアが重く感じるのに対して、軽い印象を与えるグアテマラ サンタカタリーナ農園。

ニカラグアの評価が良かった反面、スッキリ系はどうなのだろうか??

そんなことを考えつつ、皆さんの前にカップを並べる。

面白いことに、賛否両論真っ二つ。

『こってり』と『すっきり』に分かれたのです。

単純に『こってり』と『すっきり』に分けましたが、もちろんコーヒーの好みや評価の仕方は、もっと様々な要素を比較してのこと。
しかし、私も含めコーヒーの素人からすれば、二種類のコーヒーを飲んで『どっちが好きな味?』という比較と評価の仕方は非常に分かりやすいし、プロじゃ無いんだから、みんなでワイワイと言い合うのが楽しいのだ。


以外だったのは、最後に残ったメンバーで、それぞれが二種類のコーヒーに対し、自分の好みや、今までのコーヒーに対する体験談などが飛び出し、まさに私がやりたかった本気(マジ)カフェ状態に。

たったコーヒー二種類で、そのコーヒーに対し、『ああでも無い こうでも無い』って語り合う雰囲気こそ本気(マジ)カフェなのです。

別に、味や風味などをプロのように、もしくはワインのソムリエのように知識や理論や表現をし合うって訳では無く、美味しい(自分の好みの)コーヒーを飲む(もしくは探しあてる)ために本気になるってこと。

町のコーヒー好きが集まって、みんなで美味しいコーヒーを飲んで、自分達の味覚や雰囲気で、『このコーヒーの香りが好き』とか『この前飲んだ豆より、こっちの方が私は好きだなぁ』とか、そんな肩肘張らないコーヒーの話を語らうことの出来る場(企画)が本気(マジ)カフェなのだ。

そんな感じで、次にいつやるのか?次はあるのか?

全て未定。

雰囲気で
posted by ルーシー at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本気(マジ)カフェ 前編

ブログの更新がのびのびになっておりましたが、やっと先日の『子どもといっしょの会 ルーシーダットンお疲れ様パーティー&忘年会』(タイトル長い)での本気(マジ)カフェの話です。

本当に美味しいコーヒーを飲みたいという願望を達成させるため、自分で出来る限りのことを行い、それを皆さんと楽しむという単純明快な企画。

この企画で使用するコーヒー豆は、スペシャルティコーヒーと呼ばれている、産地が特定出来、しかも産地のキャラクター(味、香り、風味など)がハッキリと分かるという、まさにスペシャルなコーヒー豆なのです。

ですので、単に『ブラジル』と名のついたコーヒー豆ですと、ブラジル中の様々な生産地の豆が混ざってしまい、ハッキリとしたキャラクターの違いが分からなくなってしまうのです。

スペシャルティコーヒーの場合、『ブラジルの〇〇農園』というところまで特定出来る。

農園を特定出来るということは、当たり前ですが、農園主や生産者の方も特定出来るわけです。

そうなると、『ヘタなもの』を生産すれば、全世界に自分の作った豆に対し厳しい評価が下される。

しかし、それとは逆に『良いもの』を生産すれば、世界から評価され、その生産過程での労力も評価され、それに見合った賃金で取引される。

良い豆を作れば、良い条件で買い取ってもらえる。

だから生産者は努力する。

スペシャルティコーヒーの話が長くなりましたが、そんなスペシャルティコーヒーの日本での第一人者でもある堀口俊英さんのお店『珈琲工房HORIGUCHI』から取り寄せた、今回のコーヒー豆。

果たして、参加者の皆さんには、どのような反応が見られるのか??

まずは、取り寄せた四種類の中でも、比較的特徴が突出して無い、ニカラグアの豆を淹れてみる。

酸味が少なく、コクがしっかりしており、誰が飲んでも受け入れやすい。
単純に『美味しいコーヒー』と言える味と風味。

案の定の好評価。

皆さん次々とおかわりする状態。

女性は『こってり』よりも『すっきり』が好みなんじゃないかという勝手な思い込みに反するように、『コクと苦味』のハッキリしている豆を、皆さん口を揃えて『美味しい』との評価。

これはスターバックスやタリーズなどシアトル系カフェの『苦くてドッシリ』に慣れた現代女性の味覚移行なのか??

《つづく》
posted by ルーシー at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。