2012年10月25日

転換の時か

悪いことがあれば、それが転換され、良いことに繋がる。

これは世の摂理。

陰陽消長。

イライラで荒んでいた状態も、ずっと続くわけでは無い。
必ずどこかで、良い状況に逆転する。

底を見れば、後は這い上がるのみ。

厳しい状況の時は、次々と嫌なことがのし掛かる。

それを過ぎれば、多少のことは耐えられる。

免疫がつくと言うか、居直ると言うか…


何かを切っ掛けに変化する。

それは、時間の経過かもしれないし、何らかの出来事かもしれないし、出会った人の影響かもしれない。


最近のテンションの低さは、いろんな理由、出来事が重なった。

しかし、そこから変化する切っ掛けも、いろんなことが重なって、それが力になる。

その切っ掛けと気付きが重なって、確実に自分の中に変化を起こし、また元の状態に戻れたと思う。

昨日の新地町でのルーシーダットン教室でも、嬉しい気付きがあった。

私が『なぜ、ルーシーダットンを広めたいか』ということに対してのレスポンスがあったのだ。

それは、単なる疑問に対する質問だったかもしれない。

しかし、私は『その単なる疑問』を持って欲しかったし、その疑問に対し、気軽に質問して欲しかったのだ。

そこで、新たなコミュニケーションも生まれることになる。


そして、ルーシーダットン教室が終わり、その足で向かった南相馬鹿島区の仮設住宅。
小高のボス宅での南相馬ひばりFMの番組収録と言う名の飲み会。

作家の柳美里さんを囲んでのお話し。

何かねぇ、前回の収録の時もそうだったんだけど、柳美里さんの『人の話を聴く姿勢』って、凄く引き込まれるんですよ。

話を聴いてもらうことも、美里さんの意見を聞くことも、何か心地好い。

何て言葉で表現したら良いか分からないのですが、包み込まれるような感じとでも言うか…

あっと言う間に時間が過ぎてしまう。

いつものメンバーに囲まれている安心感も大きいのですけれど、単純に
『何か、こんな感じって良いかなぁ…これで良いんだよなぁ…』と思ったら、イライラやギスギスしている状況がバカバカしくなってくる。

また、気持ちを転換させて、自分の都合の良いように(?)考えながら生活しようと思ったのです。
posted by ルーシー at 23:32| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

軌道修正せねば

前回のイライラ継続中。

なぜ、ここまでイライラになってしまったのかを、もうちょい具体的に記載しようと思っていたら、最後の最後に文章を全部消してしまった!!

もぉ 知らん!!
またイライラだ。

携帯でブログ書いてると、勢い余って思わずPWR(パワー 電源切)ボタンを押してしまい、文章を一気に消滅させることが、ままある。

今回もそれだ。

イライラの理由を、もう一度書き直すってのもイライラする。
なので、やめた。

もうイライラしてることを文章にするのはやめよう。

段々とダメ人間になりそうだ。

このブログの本質から、非常にかけ離れた文章内容になってしまう。

とにかく、何が言いたかったかと言うと、被災地支援や復興活動などなど、『人の為に何かやる』って言うなら、『よく見て よく聴いて よく話す』ことをした上で実行してほしいってこと。

相手が何を求めてるかなんて、よく相手のことを見て、しっかりと相手の話を聴いて、お互いの意見を語り合い、最善の方法を導く。
あまりにも当たり前のことだ。


しかし、相変わらず
『〇〇したら、みんな喜ぶはずだ!!』
『〇〇してあげなければならない!!』
挙げ句のはてには
『〇〇したことで、自分が目立つ存在になれるかも!』
みたいに、結局は『人の為』とか言って、『自分が目立ちたいだけじゃん!!』
自分が目立つ為に、もしくは自分達が目立つ為に、周りを巻き込んで、オイシイ部分は自分一人、もしくは仲間内だけで、ごっそりと頂く始末。

こんな話がワンサカ…

全く不健康な話だよ。

しっかりと地に足つけて活動している方々も沢山いる。

しかし、そのような方々は以外と目立たずに、コツコツと活動していたりする。

来年も、こんな状況が続くんだろうか…

この手の話をブログ記事にするのはやめよう。

病んでくるわ。


次回からは、軌道修正して戻って来ます。
posted by ルーシー at 00:02| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

いつまで続くのか…

毎月のことだが、何かしらへこむ事がある。

それは、他人から聴いた話だとか、自分に直接ふりかかった出来事だとか…

本当に毎月あるんだなぁ。
そして、二ヶ月か三ヶ月に一度くらい大きな波としてやって来る。

ちょうど今が、その時。

そうなると、幸せ中心の私のブログが、ある一定の期間ストップしてしまうのだ。

結局は、いつものように『被災地の為に…』とか『復興するために…』とか震災に関する類いのことなのだ。

面白いのが(本人は何も面白くないのだが)、このダークな気持ちになる時って、自分の周りの知人友人も、シンクロするように、立て続けにやられてるみたい。

だから、一斉に『嫌な話』を耳にすることが、よくあるのだ。

何だか心が荒んでくるよ。
震災があって、みんなが何かに気づき、そこから変わって行くと思ってた。

でも、残念ながら急加速で逆行してるみたいだ。

イライラがつのる…

悔しさがつのる…

みんな、うまいこと仲良くすりゃ良いのになぁ…

何だか嫌な話ばかりが耳に入る。

そして、また自分の心が荒んでくるのが分かる。

悔しいが、イライラする。

怒りから遠ざかる生活をしていた。
震災前まではね。

今となっては、怒りの感情を抑えようと必死になっている自分って何なんだと思う。

毎度のことだけど、このような話になると、非常に抽象的な文章になってしまい、せっかくブログを読んで下さる方に申し訳ないなぁ…と思いつつ、全てを吐き出したら、困る方々も沢山いるのも事実。

かなり爆弾発言や、口外しない方が身のためってことも知ってしまう。

でも、それって本当は不健全なんですよね。

だって、確実に間違ってることや、間違ってる人の肩を持つことになっちゃう。
エグい話は後を絶たない。

私の『嫌な気持ち』を実際に聴かせてしまっている友人知人には申し訳ないと思っている。

でも、正直 言わないと罪の意識にやられそうだ。

キツいなぁ…

こんな話を、親身になって語り合える人々がいることに、本当に感謝してます。

そう、あなた方のことです。


差別とか、偏見とか、身勝手とか、お金の争いとか、地域の争いとか、傲慢とか、保身とか、足の引っ張り合いとか、縄張り争いとか、くれくれ病とか、支援の暴力とか…

何か疲れるよ。

本当の意味で、お互いが、お互いを思いやろう。

One Love One Heart
posted by ルーシー at 22:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。