2012年06月16日

新しい風

ダメな時は、とことんダメで、落ちる時はどこまでも落ちる。

何で、こんなに『負の連鎖』が続くのか?…
とさえ思うほど、やることなすこと上手くいかないことがある。

それは、仕事や活動もそうだが、人付き合いもそう。
そして、直接的では無いにしろ、耳にする話題なども『嫌な話』を聞く機会が続き、それが連鎖することもある。

世の中良いことばかりじゃない。
それは当然だ。

嫌なこと、厳しいこと、辛いこと…そして良いこと。それがトータルで、大体はトントンになる。

気の巡りが悪い時は、自分の身の回り、そして自分自身も澱んでしまう。

風が吹かなければ、チリやホコリがたまってしまう。

水が流れなければ、水は腐り、ヘドロやガスで悪臭を放つ。


『何だかなぁ…』の停滞した状況に、新しい風が吹く。

それは、始めは『微風』程度の風だが、微風でも何でも、まずは新しい風が吹き始めなければ始まらない。
自分自身で何かを始める時は『風を起こす』という表現になるが、誰かが起こした風に対しては『風に乗る』という表現に。

自分自身を紙飛行機だと想像してみる。

一ヵ所からの風では、フワッと飛び上がったと思うと、すぐに落ちてしまう。

それが、力強い風であれば高さも飛距離も出るだろうが、たかだか知れたもの。

これが、どんなに小さな風だとしても、一ヵ所、二ヶ所、三ヶ所…と風が吹き続ければ、そのまま上昇気流に乗り、飛び続けられるのでは無いか?

もちろん永遠に飛び続けることは出来ないから、疲れたら着陸して新しい風が吹くのを、また待つのだ。

最近、そんなことを思う。
自分の周りにいる人達の言葉や、励ましや、行動や、情熱や、感性が、ひとつひとつは小さな風だが、明らかに新しい風が吹き始めて、自分がその風に乗り始めていることを感じるのだ。


次は自分が『誰か』に対し、新しい風を送ろうと思う。
posted by ルーシー at 19:27| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グローバルだなぁ

今朝、知人Tさんよりメールが届いたのですが、ブラジルに向かう途中の経由地であるアメリカのアトランタからのメールで、時差ボケ中とのこと。

想像しただけでも大変そうだなぁ。

Tさんは、リオ・デ・ジャネイロで行われる、地球サミットで震災後の南相馬・日本の現状と未来を話す為にブラジルまで飛んでいるのだが、サミットでの演説よりも、飛行機での移動が何よりも大変でしょうね。

チェルノブイリに行った時も、トルコ経由で飛行機の移動時間やトランジットなど話を聞くだけでも大変だったと思うが、それにも増して、南米は遠いよなぁ…

しかし、今のネット社会の凄さは、海外のサイトが見れるとか、リアルタイムで世界の状況が分かるなど、さまざまですが、私が一番凄いと思うのは、一番身近で当たり前になっている『Eメール』。

今や当たり前すぎるからこそ、そのグローバルな身近さこそが、改めて考えると凄いなぁ…と感心する。

どの国にいても、ネット環境が整っている場所であれば、日本国内、いや相馬市内でメールのやり取りをしているのと一緒なのだ。

当たり前過ぎるほど、当たり前の話だが、エアメール世代の私は、いつも感心する。
手紙の良さも重々分かるが、海外からでも、すぐに連絡が取り合えるEメールって、やはり便利。

海外からのメールに、グローバル人間のような気分で嬉しくなってしまう田舎者の私。
posted by ルーシー at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

植え替え

image/2012-06-15T19:46:45-1.jpg

連日の曇り空と、低い気温。

今日は、午後から曇り空のどんよりが、ほんの少しだけ明るくなった。

丁度仕事の時間も空いたので、この隙に植物の植え替えをしようと、まずは優先順位を考える。

ハイビスカスとシマトネリコは、今の鉢が窮屈なのを我慢してもらってたので、今迄よりも大分大きい鉢に植え替え。

夏場は成長が著しいので、そのことを考慮して、大きめの鉢に。

大分ゆったりとした感じ。

次は、ワイヤープランツ。
これも窮屈な鉢で我慢していたので、今一つ葉の元気がなくなっていた。

今度は、ゆったりとした鉢で、土も換えたので、ますます成長してくれるはず。

それから、種から育てているパクチー(コリアンダー)を、それぞれ植え替えたのだが、パクチーは植え替えを嫌う植物なので、果たして成長してくれるかは定かではない。

昨年も種から育てたのだが、時期が時期だけに、一切屋外に出さずに、外の風にも直射日光にも当てずに、室内で育てたのも悪かったのか、収穫とまではいかなかった。

今年こそは何とか収穫までこぎ着けて、タイ料理に使いたいのだ。

レモングラスとパクチーで、『タイ料理大会』。
今年こそは実現したい。
posted by ルーシー at 20:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。