2012年04月10日

復興祈願 自転車の旅H

image/2012-04-10T23:31:54-1.jpg

小泉川沿いを東へ走ると、常磐線の踏み切りを越え、さらに東へ進む。

この道は、道幅が狭いのだが、抜け道になっているので、結構 車が通る。
南側は川、北側は田んぼに挟まれており、もし車を避けようと、端に寄りすぎてしまうと、一気に転落してしまい、ジ・エンドである。

そんな中を、おりたたみ自転車の『One Love』号は、小さなボディの特性をいかし、ひた走る!

国道6号線にぶつかるが、そのまま直進。

国道をまたいでも、相変わらず南に川、北に田んぼのスリリングな状況。

なだらかな下りを軽快に走らせ左折をしたら、田んぼの真ん中を突っ切るように直進。

すると、すぐ右手に小高い山がそびえ立つ。

最終目的地『八坂神社』が見えてきた。

『八坂神社』は、牛頭天主祠とも言われ、相馬中村城から艮(北東)にあり、相馬城下の鬼門の護りとされていた。

この『八坂神社』も『愛宕神社』同様、山の上に鎮座されているゆえ、もちろん石段を登るのだ…

しかし、最終目的地という気持ちからか、年甲斐も無く、ヒョイヒョイと勢いよく飛ぶように登る。

そして山頂で、ゼェゼェ。
酸欠で頭グルグル。
とにかく頭を下げて手を合わせ祈る。

足がガタガタになりながら下まで降り、再び『One Love号』にまたがった時には、やりきった感のスッキリと、最近の運動不足のあまりにも大きなツケにガッカリと入り交じった気持ち。

そして、当たり前だが、また同じ距離を折りたたみ自転車で家路を急ぐのであった…

《第一日目 完》

これが、約四時間で相馬市街地をぐるっと巡った自転車の旅でした。

ブログでの初の試みである『連続企画物』ですので、文章は今一つの手探り状態でしたが、新たなブログに対する何らかのキッカケはつかめたかな??という感じです。

まだ、自転車の旅は終わりではありません。
時間を見つけて第二日目として出発したいと思います。

次回のブログは、第一日目を終えて思ったことを記事にしたいと思います。

『復興祈願 自転車の旅』第一日目 全9回
最後までお付き合い
ありがとうございました!


posted by ルーシー at 23:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興祈願 自転車の旅G

image/2012-04-10T21:16:44-1.jpg

相馬駅を目指し、東へ進むのだが、震災以降は道路も歩道もガタガタ。

相馬駅が見えて来た!

相馬駅前の交差点を左折し、小泉方面へ。

橋を渡り、小泉川北側の細い道路沿いに『熊野神社』という石碑と、鳥居が見える。

石碑と鳥居は見える…
で、お社は??

こちらの『熊野神社』は、民家のお隣にある小さな小道を上って行くのだが、かなりウッソウとした林の中を突き進む。ハッキリ言って昼間でも薄暗くコワイ…

写真を見て頂ければ分かるように、林に囲まれ薄暗い場所に、ポツンと三つの祠が祀られている。

まるで『もののけ姫』のコダマが住んでいる森のようである。

この『熊野神社』は、千葉氏・相馬氏の鎮守であった。

あまり長居をする雰囲気では無いので、そそくさと降りる。

昔は、お祭りになると市が立ったらしいが、今となっては、あまり想像がつかない。

さぁ次の目的地で、今回の自転車の旅、第一日目を終了としよう。

小泉川沿いを、東へ向かって走り出す。


《つづく》
posted by ルーシー at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興祈願 自転車の旅F

image/2012-04-10T20:41:54-1.jpg

交差点を左折した『One Love号』は、上り坂を一気にかけ上がる!
ゼェゼェ言いながら、下り坂を疾走。
そして下り坂の間に息を整える。
いくらかゼェゼェがおさまった頃に、再び上り坂!!
ゼェゼェ言いながらかけ上がる!
そして下り坂。

何でこんなに息が上がるんだ…
あっそうだ。
マスクしてるからだよ!!

外で活動する為の最低限の防備であるマスクは、例え苦しくても取れんのじゃ!
苦行だ…業だ…
これでいいのだ、そう これでいいのだ。

放射能を防いで生きるって、こういうことなのだ。
この土地で暮らし、外に出るってことは、ずっと付きまとうことなのだ。

外に出たいなら、苦しみと引き換えに外出しなければならない!!

外に出て楽しみたいのなら、この程度の苦しみと引き換えにすることが、相馬で生きるということなのだ、だからしょうがない!
そう、これでいいのだ!!

と、半分酸欠になりながら意気消沈し、ヒョコヒョコと頼りなさげにペダルをこぐ。

やはり坂道の連続に折りたたみ自転車はキツかった。
キツかったら、途中で自転車から降りて、押せば良いものを、『足をついたら負けだ!!』と意味無く根性論で自分に言い聞かせる始末…

そんなこと思ってる間に交差点に差し掛かり、進路を西へ。

黒木方面へ。

中村一中、相馬養護学校方面へ左折。

また上り坂!!

頭の中は、軽く酸欠状態。
見えて来たのは『笹川稲荷』。

到着した頃には、息が上がってアゲアゲ状態。

ちょっと息を整えて、お稲荷さんを後に。

さぁ下り坂だ!

下りきって国道113号線に戻る。

この時点で、あまり範囲を広げずに、コンパクトに回ろうと決意。

とりあえず相馬駅方面へ。
完全に疲れている…
第一日目のフィニッシュをどこにしようかと、最短距離で名の知れた神社を頭の中で弾き出す。

『よし、このままの進路で、あと二ヶ所は行ける』

行く先と、第一日目のゴールが決まった!

まずは、相馬駅へ!!


《つづく》
posted by ルーシー at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興祈願 自転車の旅E

image/2012-04-10T20:08:57-1.jpg

熊野神社を後にし、消防署の横を抜け、粟津方面へ走る。

この消防署前から粟津の交差点までの道路は非常に走りやすい。
交差点を渡り、バッティングセンターの前を通過すると、上り坂になり、ちょっとキツイ。

坂道の左側に続くのが『愛宕山』で、この山の山頂に愛宕神社がある。

この愛宕山には神社だけでは無く、二宮尊徳の墓や観音堂、地蔵院など、相馬の重要な史跡が集まっている。

その全てが、山を登らなくてはならない!

山と言っても、小高い山なので、高さはそれほどでも無いが、急な石段を登らなくてはならないので、結構疲れるのです。

この愛宕山は、現在は山を真っ二つにした間に国道が走り、崖に挟まれている格好になっているが、元々は一つの山で、昔はトンネルになっていた。
南側の山肌には、明かり取りのために開けた穴の名残がある。

愛宕山の神社や史跡を全て回ると、息切れしてしまう…
体力が無いなぁ…と自分を情けなく思い、ゼェゼェ言いながら『One Love号』にまたがり、出発!!

さぁ下り坂だ!
軽快に走りながら、市街地へ入って行く。

十字路に差し掛かり、
『はて、ここからはどちら方面へ行こうか??』

真っ直ぐ行けば、相馬高校の前を通り、まさに市街地ど真ん中に続く。

右に折れれば、清水橋を渡り、熊野神社に戻ってしまうので、選択肢には入らない。

左に折れれば、上り下りを繰り返し、川沼方面へ。

頭の中で、この交差点から一番近くて、それなりに有名な神社を弾き出す。

『あっ あった!!』

『One Love号』は交差点を左折!


《つづく》
posted by ルーシー at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。