2012年04月07日

復興祈願 自転車の旅A

image/2012-04-07T00:04:10-1.jpg

次の目的地は
『都玉神社・子安神社』

二つの神社が、同じ敷地にある神社です。

道路から、直接 参道に繋がるために、車を駐車するスペースは無い。

このような時は、自転車の強みを感じる。

参道は高い木々に囲まれ右に左に折れ曲がりながら、本殿の赤鳥居に辿り着く。

鳥居をくぐり、正面に見えるのが、この地方では類例の見ない「吉田神道造り」で、貴重な相馬の重要文化財にもなっている都玉神社。

そして、その横には子安神社。

天明の飢饉で相馬藩は、これまでに無い大凶作に見舞われ、餓死 病死者がおびただしく、人口は三分の一まで激減。
多くの子供達も犠牲となったのだ。
そこで、高松の子安神社を母子安全の祈願所と定め、この地方唯一の安産祈願の神社になっている。

時代は代わったが、現在もこの地方の子供たちは大変な目にあっている。
そして、妊娠出産を控えているお母さん方も、いろんな不安をかかえているだろう…
そんなことを思うと、祈る気持ちにも力が入ってしまう。

この神社の敷地内は、静寂に包まれ、一種独特の雰囲気を醸し出す。

参道を右へ左へ折れ、入り口の道路へ出る。

いつ来ても、この神社は非常に身が引き締まる思いがする。


さぁ『One Love号』次の目的地に向かって出発だ!
常磐線の踏み切りを渡り、八幡小学校の前を通過。

交差点にぶつかり、進路を南へと変える。

南へ向かうと、信号のある十字路交差点が見えてくる。

交差点を、今度は東へ進路を変える。

位置的には、少し東へ戻る格好となる。

この辺りは、田園地帯で遮るものは何もなく、強い風が吹けば、もろに直撃するので、向かい風の時は一苦労である。

ペダルをこぎ続け、進行方向の左手に石造りの鳥居が見えて来た…

《つづく》


posted by ルーシー at 00:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。